アエロフロート・ロシア航空 / シェレメーチエヴォ国際空港




フライト当日はロシアが寒波に襲われマイナス40度と報道されていた日。ロシア到着の際には、タラップを降りてのバスまで歩くと言う体験をしました。バス移動って初めてだったので、雪も観れて個人的にはラッキーな出だしです。

異様にドキドキした入国審査

成田空港から乗り継ぎのロシアまで10時間半・ロシアからバルセロナまで5時間弱のフライトになります。ロシア経由の場合シェレメーチエヴォ空港で入国審査があるのですが、ロシアの女性の美しさに緊張。じーーっと見つめられて思わず照れてしまう私。(クスッと鼻で笑われてしまった^^:)CAさんの制服も特徴的なのですが、思わずサンダーバードを思い出してしまうのは私だけでしょうか?男性は映画の俳優さんですか?と、思う顔立ちだし不思議な気分になってしまいます。

目指せターミナルD!乗り継ぎは難しくありません。

入国審査後は、ターミナルDを目指すのみなので乗り継ぎは迷うことなくできます。(次の為に、しっかりチェック)免税店はそこそこ広く、飲食店は多いです。但し、現金で支払いをしてしまうとお釣りがルーブルになるで注意です。(ルーブル必要な方は別ですが)基本的にはカードでの支払いが良いかと思います。途中IQOSショップがあります。IQOSを持っている方はココで吸うことが可能です。日本で発売されていないフレーバーを試す事ができ、飲み物も無料で頂けます。通常の喫煙所は見かけませんでした。

海外旅行にIQOS持っていける?IQOSユーザー情報

2018年10月5日



乗り継ぎの待ちにDターミナルにあるカフェでピロシキを食べようと入るも、勢いだけで伝わらないロシア(涙)英語圏なら苦戦しない出川イングリッシュも撃沈。仕方なく真面目にできる限り伝え購入。この国ではリアクション(表情)よりシンプルに喋った方が伝わりやすいのかな?

帰国後に知ったのですが、ピロシキには色んなピロシキがあるんですね。カレーパンのカレーがミートソースっぽいものだと思っていたので、これチキン?ピロシキじゃないんじゃ?と、現地でガックリしたのですが、これもピロシキ。包んであるものは、お店や家庭で色々あるようです。予想外に食べ応えのあったピロシキは美味しかったです。店内にはコンセントもあり乗り継ぎ待ちに最適です。

知らずに飲んでびっくり!

10時間半のフライトで喉がカラカラ。コーラーも注文したのですがぬるい!!やはりぬるい。機内サービスで出た飲み物がサイダー。その時も喉がカラカラだったので、勢いよく飲んだらぬるっ!!予想していなく吐き出しそうになってしまいました(涙)カラカラの喉にぬるいサイダーは悪夢。甘いものを得意としない私には、強烈な甘みだけが喉にやってきて一層喉が渇きました。お水持っておいて良かったです。帰りは買い忘れてしまい辛いフライトになったので、フライト前に水分購入は必須です!!(更に、機内食でも水分持ってかれます^^: その辺りは次回の旅行記で…。)

 

【PR】世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

【PR】世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】

アエロフロート ロシア航空 / 機内食 3食目でギブアップ

2019年3月2日

スペイン6泊8日 格安周遊旅行記/初めてのスペインは周遊がお勧め

2019年2月20日








Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *