海鮮料理 薩摩鮮魚 UENO3153店




国立西洋博物館の帰りに寄った薩摩鮮魚 UENO3153店鳥良に行く入り口付近には寄付を求める外国の方が占拠していて断念。待ち合わせもあったので、わかりやすい場所が良く、同ビル内のライオンも考えましたが、行った事のないお店が良かったのと、薩摩とあったので、久しぶりに甘い醤油もいいなと思い期待を胸に向かいました

先行き不安

エレベーターで上がると手狭なスペース(入り口)暫く待つも誰も出てきませんでした。声をかけてでてきた店員さんの表情は「無」大丈夫だろうか?もう待ち合わせ場所伝えちゃったしな〜?と、不安を感じながら入ると、店内は上野駅の交差点を見下ろせる大きな窓で綺麗な店内でした。

何もわかってない?

オススメメニューの説明はなく、質問にも回答できずでしたが利用時間は2時間です!それだけはしっかり言えるようでした。時間的に空いており、ゆっくり食べて飲める環境は抜群です。

鮎は塩気がなく、川魚をこの塩気のなかさで美味しくいただける人は本当の川魚好き。好きな私でも完食できませんでした。お刺身は想像していたより美味しく頂きましたが、お醤油は普通の醤油なのが残念。

卵焼きや小魚など色々頼みましたが、チェーン店・駅前の立地を考えれば納得できる味かな。



ただ、食事中も帰った横のテーブルをガチャガチャ・私たちの真後ろから片付けている人と会話をし、キャッシャーはシフト表やら何やら溢れかえっている始末。お会計の際は何度言っても耳に入らず、他のことを考えながらやっているのがわかるほどでした。

友達や知人と行く分には良いですが、お連れする場所としてや目上の方とは避けたいお店と感じました。

人が与える影響は大きいですよね

人を育てるのは大変な事と思います。ただ、良くも悪くも人が与える影響が多い接客業。飲食ではありませんが、以前の職場で間接的にクレームと関わる事がありましたが、商品よりも人のクレームの方が圧倒的に多かったです。

商品へのクレームだったものも、話しているうちに人へのクレーム・対応へのクレームに変化していくのを見た事があります。

今回は立地や内装・景観が良いだけに残念だったかな。









Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *